ども。さっしーです。お久しぶり。
まだまだ寒い宮古島、でもそろそろ春も近づいてきてるはずですねー。
まぁ寒いっていっても、最低15度くらいはあるんだけど。
今年はあまり無理な目標を立てず、このブログも月イチ更新くらいでボチボチやっていく所存でございます。
どうぞよろしく。

さて、去る二月十二日は、旧暦の一月十六日、宮古島ではジュウルクニチと呼ばれるお墓参りの日でした。
「あの世の正月」ということで、ご先祖さまに挨拶をして、ウチカビ(あの世のお金)を焚いて、お墓の前で宴会します。
もちろん、僕らの先祖は宮古にはいないのですが、ここ数年は家族のように親しくしてもらっているオジィの家のお墓にお邪魔するのが恒例になってます。

D7N_9691

オジィはうちの娘たちを本当の孫みたいにかわいがってくれます^^

D7N_9693

写真だとわかりにくいけど、ここは本当にお墓ですw

D7N_9696

ごちそうを食べて、お酒をのんで、のんびりおしゃべり。

今回、ちょうどこの日にチェックアウトのゲストさんがいたのですが、とても沖縄文化に興味があるらしく、迷惑でなければぜひジュウルクニチに参加させて欲しいとのこと。
本来、親族だけの大切なイベントなので、僕らがお邪魔するのも少々恐縮なくらいなのですが・・・オジィに相談してみたところ、「いいよー、ぜひ連れておいで!」と。
写真には写ってませんが、ゲストのNさん夫婦は大変喜んで出席されました^^
オジィや親族のみなさんとも和気藹々と語り合い、実にディープな宮古島体験ができたことだと思いますww

D7N_9700

宴会に興味の無い子供たちは、お菓子でお腹がいっぱいになると、お墓の周りでかくれんぼしたり鬼ごっこしたり・・・
沖縄のお墓参りは辛気くさくないのがいいですね♪