シルバーウィークも佳境、満室ラッシュの終盤に遊びに来てくれたのは・・・
碁打ちのファミリー!

囲碁対局|宮古島の民宿 あがりの宿さんさーら

おじいちゃん、おばあちゃんと孫たち3人。
チェックインするなり、
「あ!!囲碁あるぢゃん!!やろーやろー!!」
おじいちゃんのIさんは、沖縄本島で有名な碁打ちらしく、経営している碁会所は沖縄最大だとか!!

僕も囲碁は好きなんだけど、ライバルがいないのもあってなかなか上達せず、それでも定期的にマイブームになるときがあって、去年の夏頃には宮古の碁会所に通ったりもしたのです。
Iさんにそんな話をしたら、僕の教えてもらってた先生のことも知ってるらしく、
「あー、彼には私が勝ち越してるよ」
と・・・
すげー。雲の上の人だ・・・

囲碁対局|宮古島の民宿 あがりの宿さんさーら

さっそく僕も中学生のお姉ちゃんと対局。
彼女はアマ三段、中学代表レベル。
僕はといえば・・・うっかり
「しばらくやってないけど、初段レベル・・・ですかね」
なんて言ってしまった。
嘘じゃないけど、それは毎日練習してたときの話で、今は一年以上碁石触ってないし、実質3級あるかないか。

碁では「置き石」といって、レベルの違う者同士の対局でハンデを付ける。
格下は、最初から一定の個数の石を盤上に置いた状態でスタートするのだ。
どういうことかというと、最初から5点とかもらった状態でサッカーをするような感じ。
格下はその5点を守り切れるかどうかの勝負!
基本的に、リードを広げようとしてはいけない。
リードが広げられるってことは、相手より強いってコトなんだから。
(格上がミスをした場合は例外)
だから格上といえど、ハンデを与えた以上は本気。
碁打ちってすごいプレッシャーで、けっこー怖いw

「三段対初段」のハンデでの対局、もちろんボコボコにやられましたともw

Iさん曰く、
「私はね、9人孫がいるけど、全員に碁を教えてるよ。
中には県代表レベルになる子もいる。
でも、決して無理強いはしないんだ。
やり方を教えて見守ってると、子供たちは純粋に遊びとして楽しみながら成長するよ」

なるほど、ベテラン指導者らしいアプローチだな~
子供は成長するものであって、成長させるものじゃないんだな、きっと。
みんな目をキラキラさせて碁を打ってる。
碁なんて微塵も知らないマナだって、「碁盤に向かってる子たち、凜々しくてかっこいいね!」って。

記念撮影|宮古島の民宿 あがりの宿さんさーら

一泊だけだったけど、楽しんでもらえたみたい。
「この次はオジさんも・・・」
リベンジと言いかけて飲み込んだ。
彼女たちはこれから物凄い勢いで伸びるんだった・・・
伸び盛り、万歳!
次に会うとき、みんなが何段になってるか楽しみ~♪

(おまけ)
僕の囲碁熱も再燃しかけたけれど・・・
マラソン、トライアスロン、写真に加えて囲碁に力を入れるのはなかなか厳しいなぁ。
ま、人生先は長いし、子供たちが独立してからでも遅くないかw